SEO対策

アクセスが伸びているのに成果がでないときはワードの見直しを

女性とパソコン

ホームページのアクセスは伸びているのに問い合わせが少ないない、そんな悩みをかかえている人はSEO対策をしているワードを見直してみてください。アクセスが伸びているということはSEO対策はそれなりに成果がでているのでしょう。
しかし、対策しているワードはどうでしょうか。例えば商品名+地名での検索順位が上位表示されていてアクセス数が増えている場合、その検索でお問合せはどれほどあるのでしょうか。例えば居酒屋の場合、「居酒屋+東京都」でアクセスが伸びても来店に繋がることは少ないでしょう。本当に居酒屋をさがしている人なら「居酒屋+新宿駅」「居酒屋+新橋」のようにもう少し狭い範囲で検索します。このように実際に来店する人のニーズとSEO対策がピンポイントで一致すれば、アクセス数は少なくても来店数は伸びるでしょう。
アクセスが伸びているのに成果がでない、そんなときは顧客層のニーズを今一度確認するといいでしょう。ホームページがどのようなワードで検索されているかは、グーグルサーチコンソールでクエリを確認すれば傾向がつかめます。このような対策ですが、自分でやろうとするとどうしても独りよがりになります。プロの業者へSEO対策とマーケティングのアドバイスをセットで受けてみて、客観的に改善するというのも一つの方法です。